なぜFX投資は危険というイメージなのか?

なぜFX投資は危険というイメージなのか?

FX投資の仕組み

FX投資というのは、ある通貨と別の通貨を交換するときに発生する差益を利用して稼ごうとするスタイルの取引です。
FXの取引は従来、法定通貨同士を交換するので急激に価格が変動することはありません。

 

たとえば100円が次の日になったら200円になってた。とか300円になってた。ということはないですよね。
それくらい法定通貨は価格変動が少ないものになります。これを増やそうとするときはどうしてもレバレッジという原資を膨らまして賭ける必要があります。

 

原資が100万円保有していたとして、100倍のレバレッジをかけると100×100で10000つまり1億円の取引が行えるようになります。
この状態で法定通貨が100円→101円値動きしたとき100万円稼げる。ということになります。当たればデカいです。

 

しかし逆のことも起こります。同じく100倍のレバレッジをかけている時に100円→99円なったらどうでしょう。
100万円分の損失が発生します。レバレッジをかけているからといって損失は1/100にはならず、そのまま原資から支払いとなります。
つまり100万円が一瞬で溶ける。という結果になります。

 

勝つときは100倍。負けるときはゼロ。「ゼロサムゲーム」といわれる所以がココにあります。
こういうギャンブルで勝ち続けるのは非常に稀なことだと思います。

 

トップへ戻る