投資と運用の違い

投資と運用って言葉は異なるけど何が違うの?という方はいらっしゃると思います。
同じ意味合いとして使っている。という人もいるとは思いますが、実は言葉も意味も違います。
ここでは軽〜く、言葉の意味を解説していきます。

投資とは?

投資とは、主に経済において将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を示す。
金融における投資は、金融資本を経済・経営活動を通じてリスクのある投資対象に投下すること。投資対象としては多様なタイプの投資資産があり、異なったリスクやプロファイルがある。投資が必要となるのは経済または経営主体が自己資本に加えて、追加的な他人資本を調達することでより大きな投資機会に投資が可能となるからである。

 

と、Wikipediaにある文章を引っ張ってきましたが難解です。
ザックリ言うと、利益が上がるかもしれない対象に資金をかける行為。が投資です。
ここで言う通り“かもしれない”という前置きが付きます。利益が出ない場合もあります。そういう時は【損失】です。

 

原資を「将来増えるかもしれないけど、減るかもしれない」ことにかけることなのです。
だから「投資にはリスクがあります」と注意書きがあるのです。そして自分自身が学ぶことによってリスクは軽減できるわけです。
投資を行う場合は「ほったらかし」はNGです。常に情報収集はしていく必要があります。

運用とは?

運用とは一言でいうと「マイナスにならないのが基本」の投資スタイルです。
イメージとしては銀行に預けておいて金利をもらう感じです。ただ現在の日本では銀行金利は0.001%程度です。

 

言葉の意味を知って、投資や運用を使い分けて自分がどちらをやりたいのか理解した上で活用していきたいですね。

Gainskyはどっち?

トップへ戻る